旅をしながら稼ぐ

旅をしながら稼ぐ方法はブログ+webライターがおすすめ!

更新日:

スポンサードリンク

Pocket

「時間や場所にとらわれずに、働くことができたらなぁ」

ちょうど3年前のわたしは、こんな事を考えながら毎日仕事に行っていました。

きっとわたし以外にも、

  • 旅をしながら稼ぎたい
  • 旅を仕事にしたい

こう思っている人って、きっとたくさんいると思うんです。

旅に出たいけど、仕事を辞めたら収入がなくなる・・・でも場所や時間にとらわれずに働くことができれば、旅をしながら稼ぐことができるんじゃないか。

こう思いながらわたしが辿り着いたのが「ブログで稼ぐ」という方法でした。

そしてその後、webライターという仕事にも出会いました。

ブログと、Webライターという仕事は旅をしながらお金を稼ぐ方法として、おすすめしたい仕事です。

旅をしながら稼ぎたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

旅をしながら本当に稼げるのか?

旅をしながら稼いでいる人は実際にいます。

今はネットで「旅をしながら稼ぐ方法」と検索すれば、たくさんの情報が出てきますが、わたしが「旅をしながら稼げるようになりたい」と思った3年前はそんな情報全くと言っていいほどありませんでした。

そんな時にたまたま見つけたのが、家族4人で世界一周を達成した、ユウマさんの「旅を仕事に」という本でした。
参考http://yuuma7.com/

そのすぐ後にたまたま読んでいた旅ブログで、世界一周をしながらブログで旅の費用を稼いでいるなりさんという方のブログに辿り着きました。
参考http://kimiseka.com

そして、この二人とは方法は違いますがバスキングという路上パフォーマンスでお金を稼いでた旅人で有名なのが、金丸文武さんです。

このように、お金を稼ぎながら旅をしていた人達は実際にいます。

旅をしながら稼ぐ方法とは?

旅をしながら稼ぐ方法は、ブログとwebライターの仕事以外にもたくさんあります。

  • バスキング(路上パフォーマンス)
  • カメラマン
  • デザイナー
  • YouTuber
  • 路上販売

など、旅先でいくらでもお金を稼ぐ方法はあります。

即金性が高いwebライター

webライターの仕事は、記事を作成すれば報酬がもらえるので即金性が高いです.

また、ライター経験のない初心者でも手軽に始めることができます。

実際にわたしも現在webライターの仕事をしていますが、元々は文章を書くことが大嫌いで、小中学生時代は400文字の原稿用紙を半分埋めるのがやっとでした

しかし、現在は2000〜3000文字(原稿用紙5〜6枚分)は普通にかけるようになりました。

文章の型を覚えれば、誰でもライターの仕事をはできるようになるんです。

どのようにwebライターの仕事を探すのか?

webライターの仕事をする方法は、大きく分けて2つ。

  • クラウドソーシングに登録をする
  • メディアに直接応募する

という方法で仕事を探します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、簡単に言ってしまうと「仕事を依頼したい人と、仕事を探している人の求人掲示板」のような物です。

代表的なクラウドソーシングサイトに、ランサーズCrowdWorksBizseekがあります。

クラウドワークスは初心者でも仕事を受注しやすいです。

仕事を探す→応募する→採用→執筆し納品→報酬get

このような流れです。

最近では仮想通貨についてのライティング案件が報酬が高めになっています。

メディアに直接応募する

メディアをよく見るとライター募集を行なっている事があります。

旅メディアのライターは、自身の旅の体験談や情報を記事にできるので、ブログを書いている感覚で執筆する事ができます。

旅の体験談はとても書きやすいので、旅をしながら稼ぎたいと思っている人におすすめです!

「旅 ライター 募集」などで検索すると、何件かヒットします。

中長期的な時間が必要だが、不労所得になるブログ

すぐにはお金にはならないですが、将来的に不労所得になり得るのはブログです。

ブログにアドセンスやアフィリエイト広告を貼って収益を得ます。

ブログの場合、記事を書いてもすぐには収入が発生しません。

収入が発生したとしても最初は数円とか数百円程度です。

ブログを初めて1ヶ月で収益が発生する人もいれば、1年経ってやっと収益が発生する人もいます。

しかし「ブログは書いた記事が資産になる」と言われています。

ある程度収益が発生するようになると、記事の更新をサボっていても、これまでに書いた記事がアクセスを集めてくれるんです。

その為、1記事も更新せずとも収益が発生するようになるんです。

旅ブログなら有益な旅情報を書く

よく旅ブログを日記のように書く人もいますが、日記ブログは読まれません。

日記ブログを読んでくれるのは、友達や家族ぐらいです。

ではどんな記事を書けばいいのかというと、旅人にとって有益な情報になる記事です。

例えば、タイの安いゲストハウスを知りたいと思っている時、

「タイで泊まったゲストハウスは値段も安くて快適でした♪」

という情報だけでは、ゲストハウスの名前も値段も場所も書いていないので、参考になりませんよね。

では逆にこちらはどうでしょう。

「タイのバンコクにある〇〇というゲストハウスは、一泊200Bで△△駅から徒歩5分の場所にあり、安くて立地も良くて快適に過ごせました。地図はこちらです・・・・」

明らかに、後者の方が旅人にとっては有益な情報になりますよね。

旅ブログを書くときは、ガイドブックよりも詳しく書く事を意識すると良いですよ!

 

 

ブログ+webライターが旅人におすすめ!

ゆくゆくは資産になるブログを書きながら、即金性のあるwebライターの仕事をするのがおすすめです。

イメージとしては1本2000円〜3000円の記事を月に4〜5本書きながら、ブログ記事を書くスタイルが、「旅をしながら稼ぎたい」と思ってる人の理に叶っていると思うんです。

実際にわたしは今、ブログ+ライターのスタイルです。

このスタイルなら、例えブログの収益が0円だとしてもライターの報酬が数千円〜数万円入ってきます。

まとめ

旅をしている時は、たった1万円でも収入があると旅に余裕が出てきます。

物価が安い東南アジアなら1週間は生活ができますし、南米なら長距離バスのチケットが買えちゃいます。

1年にすれば12万円の収入になりますからね。

1年間無収入で旅をするのとでは大違いです!

  • 旅をしながら仕事がしたい
  • 旅をしながら稼ぎたい

と思っている人はぜひ参考にしてみてください。

-旅をしながら稼ぐ

Copyright© RIE LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.