タイ

一人旅女子必見!タイに行く時のおすすめ持ち物5選!!

更新日:

スポンサードリンク

Pocket

・タイに行く時って何を持っていけばいいの?
・あると便利なアイテムは?

 

はじめてのひとり旅でタイを選ぶ人はたくさんいるかと思います。
タイは日本からも近く(成田ーバンコク直行便約7時間)、同じアジアということで親しみを感じやすい国です。

・本場のタイ料理を食べたい!
・マッサージで癒されたい!
・タイ雑貨欲しい!
・バックパッカーデビューしたい!
・ダイビングしたい!

タイに行く理由は様々だと思います。
私は6年前にはじめてタイに行ったのがきっかけで、ハマってしまいそれから7回ほどタイに行っています。
今でこそ、行き慣れた国なので荷物もすぐに用意できますが、はじめてタイに行った時は何を持っていけばいいのわからず、準備に時間がかかっていました。

はじめてタイにひとり旅に行く女性向けに、タイに持って行くべきおすすめの持ち物を5つ紹介します!

スポンサードリンク

おすすめアイテム

私はいつもバックパックでタイに行きます。
使っているバックパックはこちら

これ以外のおすすめバックパックはコチラ
タイ旅行におすすめのバックパックとは?滞在日数別にタイ渡航歴7回の私が紹介します!

スーツケースと違い、バックパックは自分で背負わないといけないので荷物を増やしすぎないように気をつけています。
私はいつもタイに行く時は、

  • 着替え
  • 下着
  • タオル1枚
  • メイク道具
  • スキンケア

これらは必須アイテムとして持って行きます。
もちろんこれだけあれば、現地でも困りません。

しかし、私はより快適にタイで過ごすためにこれから紹介する便利アイテムを一緒に持って行きます。

ユニクロブラトップ(エアリズム)

必須アイテムの下着の分類に入りますが、ユニクロのブラトップは本当に便利。

洗濯も気にせずガンガン洗えるし、乾きが早い!
わたしはタイに行くとき、着替えや下着は3日分しか持っていきません。
毎日手洗いしてます。
手洗いする時、ブラのワイヤーがあると洗いにくいし、パッキングすると時もかさばるのでわたしはいつもこのブラトップを持っていきます。

 

速乾性タオル

普通のバスタオルだと意外に重いしかさばってしまいますが、これは薄くて軽量。
しかも水をしっかり吸収して乾くのが早い。
飛行機やバスの関係で、泊まっているゲストハウスを朝早く出発しないといけない場合があります。
そんな時、乾いていないタオルをバックパックにしまうのはちょっと・・・って思ってしまいますよね。
その点速乾性タオルならそんな心配無用。
部屋に干しているだけで、寝ている間には乾いてくれます。

ビーチサンダル

おしゃれな格好をしようと、ナイトマーケットで可愛いサンダルを買ったりしますが結局いつもわたしはビーチサンダルを選んで履いてしまいます。
やっぱり履いていてラクなんですよね。
わたしがいつも使っているのは、ハワイアナスのビーサン。

長時間履いていても疲れないし、鼻緒が擦れて痛い!ということもなく快適に履けるビーチサンダルです。

延長コード

最近は、ゲストハウスのドミトリーでもベッドの横にひとりずつ専用のコンセントが付いていることが多いです。
しかし、古いゲストハウスはドミトリー部屋にコンセントがひとつしかない場合や、あっても自分のベッドから遠いことも。
そんな時は延長コードがあると便利です。

延長コードでおすすめしたいのは、コンセントとUSBが一緒にさせるこのタイプ。
(ちなみにタイは変換プラグ不要。日本のコンセントと同じ形)

わたしはとにかく少しでも荷物を減らしたいの、充電するときのこれさえも持って行くのが嫌なのでこれは本当に重宝しています。
普段家で使っている延長コードもこれと同じものです。

スマホにカメラにパソコン、と複数台一度に充電できるので本当に便利。

モバイルバッテリー

普段スマホで写メを撮ったりしない人でも、タイに行ったときは観光名所で写メを撮ったり地図アプリを使ったりとスマホの使用頻度が上がると思います。
そうなると、心配なのはスマホの充電ですね。
写真を取ろうとしたら、充電切れ!!とか、移動中で充電できない!!とかよくあることです。

そんな時におすすめなのは、このモバイルバッテリー。


スマホなら4回も充電ができます。
しかもこれは、充電ケーブルが内臓されているのでモバイルバッテリーとケーブルを一緒に持ち歩かなくてもいいんです。(iPhone、Android共に充電可能)

 現地で買える物もたくさんある

タイにはダイソー、セブンイレブン、ユニクロ、大型スーパーがあります。
タイはあなたが想像している以上に、都会です。

なので、あれもこれも揃えなきゃ!!
と意気込んで日本から大量の荷物を持って行く必要はありません。

今回紹介したものがあれば快適にタイを満喫できます。

しかしあえていうなら、キャッシング用のカードがあると便利です。
タイに行くならJCBカードがあると、キャッシング手数料が無料になるのでおすすめです!
まだ手数料で消耗してるの?タイでキャッシングなら絶対にJCB!!

-タイ

Copyright© RIE LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.