海外情報

あっという間の2日間。バラナシの思い出を超特急で振り返る

更新日:

スポンサードリンク

Pocket

バラナシには2日間しか滞在できなかったけど大満喫!

とりあえず最初は牛にビビって、牛の横を恐る恐る通ってたな〜

image(2)

 

バラナシでお世話になったサンタナゲストハウス

image(8)

 

アットホームで快適に過ごせました。
出かける時は「いってらっしゃーい!」
帰ってくると「おかえりなさーい!」

 

って声かけてもらえて家にいるような感覚に。

 

 

 

サンタナで飼ってる猫のチャイ

image(1)

まだ、子猫でミャーミャーうるさく鳴いてます。

 

 

 

あとこのマンゴーゼリーは激ウマだったな~
最初何か分からなくて、何だコレは?ってのぞみと話してたらおっちゃんが味見させてくれた♡1つ10ルピー

image

 

 

 

アッシガートにあるOPENHAND  CAFE

image(2)

店内には雑貨も売ってて(値段は高め)、雰囲気もおしゃれ!
ここでは可愛いバッグとストールを購入!

 

メインガートから歩いて40分くらいかかるけど、ここで飲んだアイスレモンティーが身体中に染み渡る感じがたまらない!!

 

あとこれ、サモサとなんだっけなー
とりあえずどっちも美味しかった!!

カレーとシロップみたいな甘いのをつけて食べるんだけど、私はシロップ派。

image(3)

image

 

そして、最終日の朝に早起きして行ったガンガーツアー!

 

ガンジス川からみる朝日は凄くきれい

image(3)

 

沐浴してる人がいたり、洗濯してたり。
あっ、ガンジス川沿いのゲストハウスのシーツはどこもガンジス川で洗ってるらしいよ!

あと洗濯屋さんに頼んだときも、洗濯機じゃなくてガンジス川で手洗いされるらしいよ!

この白いの全部シーツ↓

image(4)

 

 

この日は寝台列車でアグラへ向かうので、夕方までは時間はタップリ。
バラナシの街をブラブラしながら買い物。

 

 

バラナシに限らず、インドには日本語が上手いインド人がたくさん。

 

でもここバラナシのインド人の日本語はレベルが極めて高い。

 

ちょっと服屋の前を歩くと、

 

「コンニチワー!チョットミテッテ!ミルダケ、ミルダケ!」

 

って、言いながらついてくるインド人。

 

「時間ないからまた今度ねー」

 

って言うと、

 

「ジカンナイナラ、ニホンカエッタホウガイイヨ!!(怒)インド二イルジカンナンテナイデショー!!!」

 

ってキレられる。

 

正直しつこいしうざいけど、本当に日本語が達者すぎて感心するほど。

 

 

私も毎日外国人相手に接客してたら、もっと英語上手くなるのかしら。

 

 

あと、自分がバックパッカーだという事を忘れ買い物もしまくったな。
んで、最終日に買ったパンジャミをサンタナに置き忘れてくる始末。

 

 

なんてっこった・・・

 

 

きっと今頃誰かが着てくれている事でしょう!!

 

 

 

あと、3日ぐらい早いけどカラーパウダーでホーリーっぽい事している子も。

image-3

 

 

 

とりあえず、とっても濃い2日間でした。

-海外情報

Copyright© RIE LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.