田舎フリーランス養成講座

【いすみ田舎フリーランス養成講座】人生初の田植えを体験!いい歳した大人達が全力で泥だらけになりました。

更新日:

スポンサードリンク

Pocket

わたしが参加している田舎フリーランス養成講座のおもしろいところは、パソコンを使った座学だけではなく、地域の方と交流するワークショップがあること。

この日は米農家つるかめ農園さんで、田植えのお手伝い。

 

自然栽培でお米を作る「つるかめ農園」

今回田植えのお手伝いをさせていただいた、つるかめ農園さんでは「自然栽培」でお米を育てています。
肥料や、農薬を一切使わない栽培方法です。

「自分達が食べたいと思うお米、家族や子供に食べさせたいと思うお米を、みんなにも届けたい」

という思いを込めて、米作りをしている農家さんです。

 

※後日つるかめ農園さんにインタビューに行きました。
自然栽培へのこだわり、米作りに対する思いを取材させてもらったので詳しくまた記事にしたいと思います!

スポンサードリンク

人生初の田植えを体験!

わたしのおばあちゃん家は農家なので米作りをしていますが、わたしは一切田植えを経験したことがありません。

というのも、小さい頃わたしがおばあちゃん家に遊びに行くのは毎年夏休み。
なので、田植えの時期ではなく成長した稲しか見たことがなかったんです。

横浜育ちということもあり、近くに田植えができる環境ももちろんありませんでした。

 

なので、30歳にしてこの日が人生初の田植え!

チームいなフリでいざ田植えスタート!

今回は機械で田植えができなかった場所に、みんなで苗を植えて生きます。

順調に田植えは進みます。

ふんどし部に在籍しているカルロスさんは、基本いつもふんどしです。

順調すぎるとやっぱりこういうことしたくなっちゃうよね。

この押し方を見ると、軽く「えいっ!」ってやってる感じですね。
男性なら耐えれるぐらいの力具合だと推測。

でもそこはさすが、いなふり講師。

ちゃんとコケて見せます。
しかもドヤ顔!!!!

この後いさぎよく田んぼに使ってました。

田植え終了後にみんなで記念写真。
みんないい顔してる!
やたらと泥だらけになってる人たちがいますが、それはまぁ御察しの通りです。

ちなみに、もうひとりのいなふり講師、カルロスさんはふんどしにニーハイを合わせた斬新なスタイルに変身。

 

泥まみれ、だけど素直に楽しかった

人生初の田植えはすごく楽しかった。
いい歳した大人たちが子供みたいに泥だらけになりながら田植えをするって、都会で生活していたら絶対にできないこと。
いすみでいなフリに参加していなかったら、おそらく一生わたしは田植えの経験をすることなく終わっていたと思う。

「米農家さんがどういう気持ちで米作りをしているか」

なんて知ることなく、当たり前のようにご飯を食べ続けていたはず。

こういう貴重な経験ができるのも、いなフリ受講生の特権。

田舎でしかできないこと

いなフリだからできること

がここにはたくさんある。

 

基本的にワークショップは任意参加ですが、わたしはできるだけ参加するようにしています。
横浜に戻ったら田植えをする機会はまずないですし、いすみでの滞在が短期間であるからこそ、色々な場所に行っていすみの人と繋がりたいと思ってます。

-田舎フリーランス養成講座

Copyright© RIE LOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.